大阪でオリジナルプリントTシャツ制作
ポロシャツの刺繍ならTANDS

創業20年以上の信頼と実績

一般社団法人 日本オリジナルTシャツ協会

お電話でもお気軽にご相談ください♪
受付時間:平日9:00~17:00

5,000円以上で
送料無料
  • 友だち追加

FAX注文OK!24時間受付中!

  • 06-6777-2755
  • FAX 06-6765-1885

オリジナルTシャツは洗濯してもいい?プリントを長持ちさせる洗濯方法は?

スポーツのときや体育祭、文化祭などで全員、統一して作るオリジナルTシャツ。1回だけでなく、何回か使いたいときに、「オリジナルTシャツは洗濯してもいいの?」と疑問に思ったことはありませんか?今日はオリジナルTシャツを洗濯してもいいのか?そして、オリジナルTシャツのプリントを長持ちさせる洗濯方法についても解説していきたいと思います!

オリジナルTシャツは洗濯できる

オリジナルTシャツを洗濯するとき、せっかくのプリントが落ちてしまうのではと不安になる方も多いと思いますが、結論から言うと、洗濯することはできます。最近のオリジナルTシャツのプリント技術は高いものが使われているからです。ただし、毎日、洗濯をしていると、早くにプリントが剥がれたり、薄くなったり、Tシャツが伸びたり、よれたりするかもしれません。

オリジナルTシャツを長持ちさせる洗濯方法

オリジナルTシャツを長持ちさせる洗濯方法

同じオリジナルTシャツを買えるのは一回限りのことが多いですから、できるだけ長持ちさせたいですよね?早くにプリントがダメにならないように、長持ちさせる洗濯方法について、ご紹介いたします。

1. 洗濯機を使わずに手洗いにする

これは当たり前かもしれませんが、長持ちさせたいのであれば洗濯機ではなく手洗いするのが1番です。少し面倒ではありますが、バケツや洗面器などを用意して、ぬるま湯でやさしく手洗いします。洗剤が残っていると黄ばみの原因となってしまうので、最後はたっぷりのぬるま湯でしっかりすすぐようにしてください。

2. 洗濯する前に必ず表示のチェックをする

ここからは洗濯機で洗濯するときのポイントです。洗濯の表示は選んだ生地などによって違うので、気を付けてください。オリジナルTシャツだからすべて同じと言うわけではありません。表示には例えばドライクリーニングができない「ドライ×」や40度以下のぬるま湯で洗う「弱40」などがあります。これらの表示を事前に確認し、できない洗濯をしなければ、素材を長持ちさせることができます。

3. Tシャツを裏返してから洗う

洗濯表示に手洗いと書いていなければ、洗濯機で洗うことができます。綿100%なら、洗濯できないものはほとんどありません。ただ、洗濯機を使うと、オリジナルのプリントが剥げるなど、早くに悪くなることがあります。印刷をきれいなまま保ちたいのなら、手洗いがおすすめです。手洗いは大変だから洗濯機を使いたい方はTシャツを裏返して、洗いましょう。裏返すと、プリント部分が他の洗濯ものに触れるなど、摩擦がなくなるので、守ることができます。市販のTシャツでも取れやすい飾りなどがついたものは裏返して洗うといいでしょう。

4. 洗濯前にシミなどの汚れは取っておく

Tシャツに目立つ汚れやシミがあるときは、洗濯の前に取っておくといいです。目に見える汚れがなかったとしても、汗を吸収しやすいTシャツは汗ジミができやすくなっています。汗ジミができやすい首元などにポイントで洗剤を付け置きしておくか、酸素系の漂白剤をぬるま湯に溶かしてつけるのも効果的です。食べ物などの目に見える色がついた汚れには塩素系の漂白剤を歯ブラシにつけて部分的に洗うのもいいでしょう。

ただし、この時に注意してほしいのが、オリジナルの印刷部分にも漂白剤を使うことです。漂白剤を使うとプリントが薄くなる可能性もあるので、プリント部分は避けるようにしてください。

5. 洗濯ネットを使用する

洗濯ネットには他の洗濯ものとぶつかって与えるダメージや摩擦によるダメージを軽減させる効果があります。Tシャツを裏返すと他の洗濯ものとの摩擦を避けることができますが、さらに洗濯ネットを使用すると、よりダメージを軽減することができます。他の洗濯ものと絡まったり、生地が伸びたりするリスクも減るので、洗濯するときは、必ずネットにいれて、洗濯してください。

6. 手洗いコースなどを選ぶ

洗濯機に手洗いコースなど優しく洗えるコースがついている場合は、そちらを利用するといいでしょう。弱く優しく洗いますが、汚れもしっかり落ちます。手洗いは大変だし、汚れが落ちているかわからない、脱水しないと、ボトボトで干すときに困るなどの悩みを解決してくれます。オリジナルTシャツだけではなく、大事なお洋服を洗うときにも使うことができます。

7. 洗濯が終わったらすぐに干す

洗濯が終わったら陰にすぐ干しましょう。干すときも裏返しのまま干すと、プリントが剥がれたり、薄くなったりするのを防ぐことができます。

ハンガーがTシャツの形に合っていないと、型崩れしてしまうので、ハンガーを通すのではなく、半分におるなどして、Tシャツをかける方がいいと思います。半分におるので、乾きは遅いですが、Tシャツが伸びるのを防ぐことができます。ハンガーがTシャツに合っているときは、そのまま通しても大丈夫ですが、首元が伸びるので、首元から通すのではなく、下から通すといいでしょう。

プリント部分がくっつく可能性があるので、長時間、干すのは良くないです。乾いたら、すぐに取り込んで、たたむ必要があります。

8. 乾燥機を使うのはダメ

最近のドラム式洗濯機には乾燥機能がついているものがほとんどですし、コインランドリーなどで洗ったら乾燥機を使う方がほとんどだと思いますが、オリジナルTシャツを乾燥機に入れるのは絶対にダメです。

プリントの種類や方法によって違いますが、印刷したプリント部分は熱に弱いことがほとんどです。乾燥機を使ってしまうと、プリントが薄くなったり、剥がれたりする原因となります。手間がかかり面倒かもしれませんが、オリジナルTシャツは乾燥機をかけずに、必ず干して、乾かすようにしましょう。

また、脱水も衣服に強いダメージを与えるので、脱水時間もできるだけ短くする方がいいです。

オリジナルTシャツを注文するときに・・・

丈夫なTシャツ

洋服は消耗品であって、何回も洗濯すれば、悪くなり、着られなくなります。洗濯時の注意ポイントをお伝えしてきましたが、これらはあくまでも、劣化を遅くするだけのものです。そして、もっと長持ちさせたいのであれば、注文するときに丈夫な生地・丈夫な印刷方法を選ぶといいでしょう。例えばオリジナルTシャツによく使われているシルスクリーンプリントは耐久性も高く、たくさん洗濯しても長くきれいに着ることができます。着れば着るほど劣化するので、あらかじめ、丈夫な生地・丈夫なプリント方法を選ぶのも大事です。

大阪でオリジナルTシャツをお求めの方へ

大阪でオリジナルのプリントTシャツを作るなら、ぜひ大阪の天王寺にショップを構えるTANDSへ。TANDSでは、定番のTシャツやポロシャツの他、ブルゾンやコート、作業着やキャップのプリントを承っております。制作の目的や注文数、デザイン、刺繍・プリント方法、ご要望に応じて最適なアイテムを制作することが可能です。 また、お持ち込みいただいた絵・イラストをそのままプリントした、オリジナルのアイテムも制作いたします。個人・企業を問わず、1枚から大量生産まで対応可能ですので、大阪でオリジナルTシャツ・ポロシャツなどの制作はTANDSへご相談ください。

コラム一覧

オリジナルTシャツのご依頼なら【TANDS】へ

会社名 有限会社 林ネーム刺繍店
所在地 〒543-0024 大阪市天王寺区舟橋町9-3
TEL 06-6777-2755
URL https://www.tands-net.com