大阪でオリジナルプリントTシャツ制作
ポロシャツの刺繍ならTANDS

創業20年以上の信頼と実績

一般社団法人 日本オリジナルTシャツ協会

お電話でもお気軽にご相談ください♪
受付時間:平日9:00~17:00

5,000円以上で
送料無料

FAX注文OK!24時間受付中!

  • 06-6777-2755
  • FAX 06-6765-1885

【大阪】プリントTシャツを作ろう!フォントで異なる印象の違いとフォント選びのポイント

フォントには様々な種類があり、それぞれのフォントによって与える印象が異なります。ここでは、それぞれのフォントで異なる印象の違いについてご紹介します。ぜひオリジナルプリントTシャツの制作時にお役立てください!

楷書体・行書体

楷書体は一番人気がある書体となり、次に人気の書体が行書体です。

明朝体に、より毛筆のタッチを加えたものが楷書体、行書体などです。和風なイメージが強くなることから、伝統的な古めかしい印象を与えます。古風なデザインにしたい時におすすめのフォントです。

明朝体

明朝体

日本語のフォントの中で、最も有名なフォントといえるのが明朝体です。明朝体は、縦の線に比べて横の線が細くセリフ(三角の山)が付いているのが特徴です。

はねや払いのほか、線の太さにも強弱があるため、全体に動きを感じることができます。明朝体は筆使いがはっきりとしているので、繊細さ優雅さを感じることができます。細いフォントでは上品さや高級感、太いフォントでは大人っぽさや真面目な雰囲気となります。

ゴシック体

ゴシック体

縦と横の線の太さがほとんど同じで、全体的に動きが少ないフォントがゴシック体です。ゴシック体は小さい文字でも視認性が高いので、時刻表やチラシなどに幅広く使用されています。

線の太さが均等のため安定があるゴシック体は、安定感や親近感、男らしさや力強さなどの印象を与えます。

丸ゴシック体

丸ゴシック体

ゴシック体を全体的に丸くアレンジしたのが、丸ゴシック体です。縦横の線の太さは同じですが、線の先端や角が丸くなっているのが特徴です。

角が取れたことから優しい印象となり、ソフトなワクワクする雰囲気となっています。

オリジナルのプリントTシャツは、大阪のTANDSで承っております!半古印体や雷神などの個性的な書体も対応可能です。ぜひオリジナルのプリントTシャツは、大阪のTANDSにおまかせください!

可読性・視認性・判読性を意識してオリジナルプリントTシャツを作ろう!フォント選びのポイント

前途のとおり、オリジナルプリントTシャツの制作を成功させるためは、明朝体やゴシック体などフォント選びがとても重要です。それぞれのフォントによって、与える印象が大きく異なるからです。とはいえ、数えきれないほど豊富にあるフォントから、どれを選んで良いかを決めるのは容易ではありません。

そこでおすすめなのが、可読性・視認性・判読性を意識したフォント選びです。可読性・視認性・判読性を高めるためには、読みやすいフォントを選ぶことが大切です。バランスの良いきれいな文字か、遠くからでも読み間違わないか、太字や斜体に対応しているかを意識してフォントを選ぶようにしましょう。

大阪のTANDSでは、シルクプリントやフルカラー転写プリント、カッティング圧着プリントなど、様々な加工方法によるプリントTシャツをオーダーメイドで提供しています。どんなフォントも対応可能です。大阪でオリジナルプリントTシャツを作りたい方は、大阪市天王寺区にあるTANDSへぜひご依頼ください。

オリジナルのプリントTシャツを作るなら、ぜひTANDSへ。定番のTシャツやポロシャツのほか、ブルゾンやコート、作業着やキャップのプリントや刺繍を承っております。プリントTシャツの制作を依頼したいが、どこのお店がいいのかわからない、安い価格で依頼できるお店を探している方は、ぜひ大阪にあるTANDSにご依頼ください。

オリジナルTシャツ制作に関する豆知識

ポロシャツ・トレーナーの刺繍・プリントのご依頼なら【TANDS】へ

会社名 有限会社 林ネーム刺繍店
所在地 〒543-0024 大阪市天王寺区舟橋町9-3
TEL 06-6777-2755
URL https://www.tands-net.com