大阪でオリジナルプリントTシャツ制作
ポロシャツの刺繍ならTANDS

創業20年以上の信頼と実績

一般社団法人 日本オリジナルTシャツ協会

お電話でもお気軽にご相談ください♪
受付時間:平日9:00~17:00

5,000円以上で
送料無料
  • 友だち追加

FAX注文OK!24時間受付中!

  • 06-6777-2755
  • FAX 06-6765-1885

オリジナルTシャツを作るならどの生地がいい?ポリエステルの生地は使えるの?

オリジナルTシャツを作るにあたって、デザインはもちろんのこと、生地にも悩まれるかたが多いと思います。お店に寄りますが、生地の種類もたくさんあり、どれを選んだらとお困りの方も多いでしょう。今日はオリジナルTシャツの生地をどうやって選べばいいかをTシャツの生地の種類から解説いたします。

Tシャツの生地の種類とそれぞれの特徴

Tシャツの生地

Tシャツの生地の種類は大きくわけて、4つあります。

綿

肌に優しい面は多くの服に使われている素材です。肌触りがいいので、よく肌着やタオルなどの製品によく使われています。吸水性に優れているので、汗をかいてもすぐ乾きます。また、耐久性も備わっているため、綿の製品は長期間、愛用することができます。保温性もあるので、冬のインナーとしても人気が高く、使用されています。ただし、優れている吸水性によって、洗濯は乾きにくいという短所もあります。さらに、しわがつきやすく、縮みやすいのも欠点です。

ポリエステル

ポリエステルは通気性と速乾性に優れた素材です。汗をかいてもすぐ乾くので、べたつかず、さらさらとした着心地の素材です。摩擦にも強く、耐久性も備わっているので、洗濯の回数が多い服の素材におすすめです。また、しわになりにくい素材なので、洗濯した後にアイロンしなくても大丈夫な服が多く、保管もしやすいです。欠点なのは、毛玉ができやすいことと、綿のように肌に優しい素材ではないので、肌が弱い人には良くない素材だということ、そして、静電気が起こりやすいことです。

混合素材

服の素材では綿とポリエステルが主な素材で、誰もが知っていると思いますが、その2つを合わせた作った衣服の素材を混合素材と言います。綿だけでは洗濯後に乾きにくいですが、速乾性の高いポリエステルを合わせることで、乾きやすい衣服に仕上げることができます。綿の割合を多くすれば、肌に優しく、乾きやすい服ができます。

その他の素材

他にも素材はたくさんあります。例えばレーヨンやニットなどです。ただ、レーヨンやニットは印刷しづらいので、オリジナルTシャツ作成のお店では取り扱っていないことがほとんどです。オリジナルTシャツの素材は綿・ポリエステル・混合素材の3つだと覚えておくといいと思います。

オリジナルTシャツの生地はどうやって選べばいい?

オリジナルTシャツの生地

オリジナルTシャツの生地の選び方ですが、使用目的によって選ぶのが一番です。使用目的にあった生地を選ぶことで、生地のメリットを生かすことができるからです。スポーツや飲食店で使用するなら、動きやすく、汗に強いものを選ぶべきですし、室内でのイベントなどで着るのであれば、汗よりも、着心地を重視して、生地を選ぶといいと思います。部活などで毎日、着るのであれば丈夫で、アイロンがいらずのシワになりにくい素材がいいでしょう。また、誰が着るかも大事で、例えば小さい子どもが使うなら、肌に優しいものを選ぶといいです。

オリジナルTシャツにポリエステルの生地が使える?

オリジナルTシャツにポリエステルの生地は使えます。よくオリジナルTシャツにポリエステルが使われていて、ドライTシャツと商品名に書かれていることも多いです。ポリエステルだと、つるつるした生地なので、印刷できないと思われている方もいるかもしれませんが、オリジナルTシャツ制作のお店が、ポリエステルの素材に合った方法でプリントをしてくれるので、ポリエステルの素材でも印刷することができます。速乾性に優れているので、部活や体育大会などの外でアクティブに動くときには、ポリエステルがおすすめです。

また、ポリエステルが入っている混合素材もおすすめです。ポリエステルでもコットンが入っている混合素材なら、ポリエステルでもコットンのように肌触りのいいものを作ることもできます。洗濯したとき、早く乾かしたいけど、肌触りがいいものがほしい方はポリエステルとコットンの混合素材の生地を選んでください。ポリエステルとコットンの割合が変わると、だいぶ速乾性や肌触りは変わってくるので、いろいろな割合のTシャツから使用目的に合うものを選ぶといいでしょう。

オリジナルTシャツにポリエステルがおすすめの理由

オリジナルTシャツにポリエステルがおすすめ

オリジナルTシャツの生地にポリエステルがおすすめの理由は5つあります。

速乾性に優れている

ポリエステル生地は、速乾性に優れていて、吸湿性が低い素材のため、洗濯した後、早く乾きます。汗をかいたときもTシャツに朝がしみこまないで蒸発するため、激しい運動後でもべたつかずさらさらしています。綿とポリエステルを比べると肌触りがいいのは綿ですが、汗をかいたときは、ポリエステル生地の方が、生地の肌触りを感じられると思います。

色落ちしにくい

ポリエステルの生地は色で染めるときに高い温度で染め上げるので、洗濯を繰り返し行っても、色落ちすることはあまりないです。熱や日差しに強い生地でもあるので、昼間に外で着ても色落ちしにくく、生地が劣化することもさほどありません。

しわになりにくい

ポリエステルの生地の特徴にしわになりくいという点があります。ポリエステルのTシャツは洗濯した後、そのまま干してもしわになりにくく、乾いてからもそれが継続するので、畳んで、長期間経ってもキレイなままで着ることができます。

タフネス性

ポリエステル生地のTシャ津は強度の高い繊維で作られているので、タフネス性も備わっています。ですからたくさん洗濯しても、型崩れしにくく、縮みにくいです。

UVカットの効果がある

UVカットの加工が入っている生地も多くありますが、UVカットの加工が入っていなくてもポリエステルの生地には元からUVカットの効果があります。ポリエステルは紫外線を通しにくいので、着ているだけで肌を守ることができます。


オリジナルTシャツの使用目的や用途は人それぞれ違うと思いますが、ポリエステルをオリジナルTシャツの生地に選ぶのはおすすめです。スポーツや外での活動時にオリジナルTシャツを着ることが多いと思います。汗をかくことを考えたらポリエステル生地をオリジナルTシャツの生地に選ぶのが一番です!またスポーツはしなくても生地が丈夫なので、毎日、洗濯したとしても、長く愛用することができます。汗をかいてもさらさらで不快感なく着られるので、オリジナルTシャツを作るときにポリエステルの生地を選んでみてください。

大阪でオリジナルTシャツをお求めの方へ

大阪でオリジナルのプリントTシャツを作るなら、ぜひ大阪の天王寺にショップを構えるTANDSへ。TANDSでは、定番のTシャツやポロシャツの他、ブルゾンやコート、作業着やキャップのプリントを承っております。制作の目的や注文数、デザイン、刺繍・プリント方法、ご要望に応じて最適なアイテムを制作することが可能です。 また、お持ち込みいただいた絵・イラストをそのままプリントした、オリジナルのアイテムも制作いたします。個人・企業を問わず、1枚から大量生産まで対応可能ですので、大阪でオリジナルTシャツ・ポロシャツなどの制作はTANDSへご相談ください。

オリジナルTシャツ制作に関する豆知識

オリジナルTシャツの刺繍・プリントのご依頼なら【TANDS】へ

会社名 有限会社 林ネーム刺繍店
所在地 〒543-0024 大阪市天王寺区舟橋町9-3
TEL 06-6777-2755
URL https://www.tands-net.com